髪の毛が抜ける抜け毛が気になりだしたら、まずは自分でできる抜け毛対策を始めましょう。そして育毛発毛へ!

抜け毛予防には、何を食べると良いのか?

特に薄毛や抜け毛などの髪トラブルがなくても、人間は1日に100本程度髪の毛が抜けると言われています。

正常な髪でも平均で4?6年のサイクルで、成長期→退行期→休止期の後に抜け毛になって、その後に新しい毛が生えてくるという事を繰り返して行っています。

このサイクルの中で成長期がもっとも長く、抜け毛が多い人は成長期が短くなっていることが原因の1つなのです。

そして薄毛や抜け毛が完全に進んでしまってから、頭髪のケアを始めても既に遅いんです。なぜなら縮毛した毛を育て治すのがむずかしいからです。

ですから、もしも最近「髪にハリやコシがなくなってきた」「抜け毛が増えたかも」と感じるようなら、すぐにでも頭髪ケアを始めることをおすすめします。

抜け毛予防のために食べたい食品

薄毛や抜け毛の予防には、毎日の食生活が大きく関係しています。スパゲッティーやハンバーグといった油分を多く含んでいる食事ばかりでなく、髪の毛の栄養となる海藻類や背の青い魚、胡麻などを多く使っている食事を摂りましょう。

ほかにも抜け毛予防に効果的だと言われている食品には、卵や大豆、牛乳などがあります。これらには、髪の毛を構成するのに必要なタンパク質を多く含んでいます。

もちろん抜け毛予防も大事ですが、新しい髪が生えてくる事も頭髪にはとても重要になるんですね。

ビタミンAやB2、B6を多く含んでいる緑黄色野菜やレバーは、髪の成長を促してくれるので、積極的に摂るようにしましょう。