髪の毛が抜ける抜け毛が気になりだしたら、まずは自分でできる抜け毛対策を始めましょう。そして育毛発毛へ!

がん治療における抜け毛は、事前にこんな事をしておくと安心

抜け毛の原因には、精神的なストレスや紫外線、間違ったヘアケアや男性ホルモンの過剰分泌といった『外的刺激』の他に、抗がん剤治療が原因で起こる抜け毛もあります。

ですが抗がん剤治療をした全員が、抜け毛などの副作用を起こすわけでもありません。使用する抗がん剤の種類によっては抜け毛を起こしやすい物もあるので、抗がん剤での治療を行う前に、医師に確認すると良いと思います。

さて、抗がん剤の治療で起こる抜け毛ですが、抗がん剤を投与し始めてから2?3週間後が多いと言われています。

もしも自分が受ける治療で抜け毛が起こってしまう可能性がある場合の事前策としては、髪が長い人は短くしておくと良いでしょう。

髪の毛が長いと、短い紙と同じ本数抜けたとしても、沢山抜けたように見えてしまって、精神的にもダメージを受けてしまいますからね。

ほかにも抜け毛で髪の毛が薄くなってくるのも気になると思います。

治療だけでも大変なのに、精神的なダメージがプラスされてしまっては大変です。なるべく精神的なダメージを減らすためにも、バンダナや帽子があると良いと思いますし、症状が酷い場合はカツラ等を準備しておくのも良いと思います。

ちなみに抗がん剤が原因で起こる抜け毛の悩みをサポートしてくれるお店もあります。治療を始める前に、一度相談してみてはいかがでしょうか?