髪の毛が抜ける抜け毛が気になりだしたら、まずは自分でできる抜け毛対策を始めましょう。そして育毛発毛へ!

抜け毛が起きる原因とは?

薄毛や抜け毛で悩むなんて事は、出来るだけしたくないですよね?

ですが、いくら抜け毛が嫌だと思っても抜け毛は起こります。今回は、抜け毛が起こる原因についていくつかご紹介しましょう。

男性ホルモン

まず一つ目ですが、男性ホルモンが関係しているのです。男性ホルモンが胸毛やひげに作用すると、成長が促進されると考えられています。

若い人の男性ホルモン(テストステロン)は、筋肉の増強、性欲の増大、やる気の素になるものです。これが年を取ると力が弱くなり、それを補おうとしてより強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変化させようとします。

この強化された男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が頭髪の毛母細胞に作用すると、毛の成長を抑制する働きに変わってしまうんですね。

すると、毛の成長が止まってしまい、止まってしまった頭髪は3?4か月後に抜け毛になってしまいます。

このタイプの抜け毛を男性型脱毛症(AGA)と言い、この治療にはフィナステリドという薬が効果があると言われています。(やっぱりAGAの薬はすごかった

遺伝

さて次に考えられる原因に、遺伝的要素が挙げられます。一昔前は、これが一番抜け毛の原因として知られていたと思います。

自分の親が、薄毛や抜け毛で悩んでいるので、自分も薄毛や抜け毛になるのではと不安に思った人も多いのでは?必ずしも薄毛になるというわけではありませんが、抜け毛になりやすい体質を受け継いでいる可能性があると認識しておくと良いでしょう。

AGAの治療は抜け毛を阻害することですから、遺伝的に不安がある人は早めにAGAの治療を受けてみるのが吉です。フィナステリドは髪が生えてくる薬ではありませんので。

ストレス

ほかにも精神的な要因で、抜け毛が促されるとも言われています。私自身、ストレスが多いと抜け毛が増えるので間違いないと思います。

また抜け毛の中でも『円形脱毛症』が良く知られていると思いますが、こちらの原因はストレスが一番関係していると言われています。

ストレス以外にも、嗜好品や食生活にも抜け毛が関係していて、煙草の吸い過ぎやアルコールの飲み過ぎも良くないですね。

また、頭皮が蒸れるヘルメットや帽子なども、抜け毛に大きく関係しているとも言われますが、帽子をかぶることで熱が保たれ血行も良くなります。ですから一概にかぶってはダメというわけではありません。

ただ長時間かぶっていると汗で蒸れてしまって、これが抜け毛の原因になるとも考えられているんですね。