髪の毛が抜ける抜け毛が気になりだしたら、まずは自分でできる抜け毛対策を始めましょう。そして育毛発毛へ!

プロペシア(フィナステリド)の弱点

頭皮につけてマッサージをするリアップ(有効成分ミノキシジル)が、抜け毛の治療薬として有名ですね。

ですが今は、もっと効果的に治療することが出来る内服薬があるんです。

それがプロペシア(効成分フィナステリド)です。元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたモノなのですが、副作用として異常発毛が起こったんです。

それから発毛剤や抜け毛の治療として使われるようになったんですね。この抜け毛の治療薬プロペシアは、世界60か国以上で販売されています。

これだけ沢山の国で販売されているという事は、男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてとても高い結果を上げている証拠ですよね。

さて、このプロペシアは、薬局で買う事が出来るリアップとは違って、医師の処方箋がないと買う事ができない医療用薬品になります。

通常、プロペシアは、成人男性に対して1日1錠が処方されます。ですが発毛や抜け毛の状態を医師が判断して、増量される事もあります。

増量される時の上限は、1日5錠までと決まっているので、医師が処方してくれた以上ものを飲まないようにしましょう。

プロペシアには、抜け毛を少なくして現状を維持するという効果が期待できます。抜け毛が減ることでその毛が成長し、太く増えたように見えるようになります。

ただ薄毛が進んで髪が細くなっていると、プロペシアだけで薄毛を改善することはむずかしくミノシキジルとの併用が多いようです。

ちなみに私も専門のクリニックに通っていてプロペシアとミノキシジルの両方が処方されています。(やっぱりAGAの薬はすごかった!もっと早くに試せば良かったな