髪の毛が抜ける抜け毛が気になりだしたら、まずは自分でできる抜け毛対策を始めましょう。そして育毛発毛へ!

抜け毛の原因はジヒドロテストステロン(DHT)と5αリダクターゼ

男性型脱毛症(AGA)は進行性のある抜け毛が特徴です。ですから抜け毛が増えている状態のまま放置していると、数年後には取り返しのつかないことになっている可能性が高いんです。

この男性型脱毛症を促進させる物質をジヒドロテストステロン(DHT)と言います。男性ホルモンであるテストステロンが過剰に分泌すると、毛根にある毛包の皮脂線の所にある5αリダクターゼと呼ばれている酵素が働き始めます。

すると、抜け毛を起こす男性ホルモンがより強力なホルモンであるジヒドロテストステロンに変化してしてしまうのです。このジヒドロテストステロンは毛根を傷つけて、抜け毛を引き起こします。

5αリダクターゼはテストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させるので、5αリダクターゼの働きを抑えれば抜け毛予防に繋がります。

抜け毛の原因となる5αリダクターゼを抑えるためには、男性型脱毛症の治療として皮膚科などで処方してもらえるフィナステリドを飲むことです。この薬を飲むことが今現在、AGAの治療で最も効果がある方法です。

5αリダクターゼを阻害する栄養

ほかにも普段の食事の中に含まれている亜鉛(ムギやカキに含まれているミネラル)も、5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

抜け毛が気になる人は、亜鉛が多く含まれている食品を積極的に食べるようにすると良いと思います。

またノコギリヤシも、抜け毛の症状を改善する事が出来る効果があり、ノコギリヤシのサプリメントも市販されているなので、それを利用しても良いでしょう。

金銭的に厳しいようなら亜鉛とノコギリヤシを、そうでないなら病院へ行きフィナステリドを出してもらいましょうね。

やっぱり薬の力は違いますから。(やっぱりAGAの薬はすごかった!